無趣味の戯言

三日坊主なので頑張らないように頑張ります

フットライト取り付け

トヨタ シエンタ(NCP81G)にフットライトを取り付けましたん!

あまりLEDでピカピカしてるDQN臭いことはしたくなかったのですが、フットライトくらいなら純正オプションにもあるし臭くないかなってことで昨年末くらいから模索してまして。今回やっとつけることが出来ました。
まだまだクルマ触るの下手くそですが楽しいですね!

フットライト車種別キット

e-くるまライフ.comさんから「車種別LEDフットライトキット」なる便利な商品が発売されていまして。

ただ残念なことに、僕の愛車 前期シエンタ専用キットは用意されておらず(当たり前といえば当たり前)、適当に新型シエンタの専用キットを購入。システム自体は同じものですが、配線がし易いように予めゲーブルにヒューズプラグがついていたり、分岐タップがついてたりといった親切設計は余計なお世話になってしまいました(笑)

ちなみに、ちゃんと専用キットの適合車種なら、作業風景の動画も用意されていて(僕みたいに)迷うことなく作業が出来そうでした。ケーブルの加工とかも不要だしね。専用キットがあればもっと敷居は低いと思いますよ!

ということで僕は配線探しからスタート。

配線探し:ドアオープン連動線

ドアを開けた時に12Vが流れる線を探す旅。これによってドア連動になります。
まずはルームランプを分解...え、コネクターじゃないの!?

DSC_0405

分岐タップみたいになってました。部品点数減らす為なんでしょうか?こんなことされるとテスターどこに当てていいか分かんないし、そもそもここから運転席足元まで配線するのめんどくさいので次へ。

新型シエンタはAピラーにルームランプへの配線が通ってるらしいのでバリバリ剥がしてみました...

DSC_0406 DSC_0407 

なるほどわからん。

詰みました。だがしかし現代っ子。先人の知恵を拝借してやろう!とググる。どうも運転席足元22ピンコネクタ下段の桃色線がそれらしいとの情報を入手!先人に感謝!!!一応テスターで確認して、分岐タップを噛ませば完了です。

DSC_0409

ちなみにシエンタの場合 (というか最近のクルマは大抵)残光処理されてるのでテスターで通電チェックする際はドア閉じても一定時間電気が流れてることに注意が必要です。僕はこのトラップに引っかかりました。

配線探し:常時電源

これはすんなりいきました。以前からついてた地デジチューナーに常時電源が配線されてたので、そちらから拝借しました。おかげでセンターコンソール周辺バラすことにはなりましたが良しとします。

DSC_0414

配線探し:ACC(アクセサリー)

OBDⅡコネクタの裏辺りに「ACC 12V」と丁寧に名札のついたケーブルが遊んでいたので、「お、なにか接続してたのを取り外したのかな?」と思いそこから拝借することに。ビニールテープで巻かれてましたがキニシナイこととします。

後に大問題を引き起こしますが。

配線探し:イルミネーション(スモールライト連動)

オーディオ裏から取れるのは知っていますが、それだとインパネをバラさないといけないのでそれは避けたいです。
そこで目についたのが「SNOW」ボタン。ぜっっっっっったい沖縄では使わないだろうから万が一のことがあってもリスクは低いと見ました。

DSC_0416 DSC_0418

緑線がイルミになってるようです。あとは知りません。




なんか電源揃えるだけで1時間かかりましたw 記事も長くなってきたので次回にお預けです。

udcsk.hateblo.jp