読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無趣味の戯言

三日坊主なので頑張らないように頑張ります

ひとり回転寿司してきました

回転寿司にハードルを感じていた。

こんばんは、だいちゃんです。

みなさんは普段、お昼ごはん誰と何を食べていますか?

ぼく意外とひとりで食べるのも好きなんですが、節約したい気持ちが強くて家で食べる日が多いです。外で食べることもたまにありますが、ファストフード・うどん屋・牛丼屋…は経験済みですが、回転寿司のハードルを超えられずにいましたw

ひとり飯

べ、別に友達がいないとかそんなんじゃないんです全然。全く。フォロワーだって400人以上います(関係ない)。

悲しい話はさておき、誰かといると気を遣おうとしちゃったりするけど、ひとりだと自分のペースでなんでも出来るしいいですよ。

news.mynavi.jp

ほら!ひとりって素敵!

回転寿司というハードル

肉より魚派!な僕なので、回転寿司のお店がたくさんできて、寿司が身近になってくれた時代の流れには感謝感激です(おおげさ)

沖縄に回転寿司チェーンが出てきたのってつい数年前のことじゃなかったっけ。あっという間にわっと広まった印象。

そんな素敵な回転寿司だけど、ひとりで行くとなると変なハードルを感じて行けずにいました。仕事中のおっさんがたくさんいてくれれば入りやすいだろうなぁとか思っていたら、にちゃんで情報収集(ソースがアレ)してると「気軽に行って良し」との情報だったので、思い切って行ってきました。

んで、行ってきました

平日90円なので何の迷いもなくはま寿司に行くことに。好きとか言っておきながら自分で予約したことなかったので会員登録から。登録画面出るまで時間かかりすぎじゃね?とか思いながら登録を済ませて、予約をして、ウキウキとドキドキを抱えてお店へ。

それにしてもWeb予約という文明素晴らしいですよね。時間の無駄がなくなる。

お店に着くと数秒でカウンター席を案内されて着席。無駄がない。素敵。

席についたときは両サイドの席が空いていてその隣にOL風の女性と、サラリーマン風の男性、みたいな感じでした。両サイド空いてたので圧迫感もなく最高な時間が過ごせそうだと思っていました。

数枚食べてツイッターを確認してさぁ次は何にしようかなと迷い始めた頃、隣に50代くらい(適当)のおっさんが隣の席に現れました。午後1時半くらいだったのでまだ人の出入りがあるくらいの時間帯だし誰も悪くないんだけどなんとなく自分の空間が侵された気持ちになってしまいましたw

カウンター席って隣に人がいるとなかなかの圧迫感なんですね。僕の心が狭すぎるだけなのかもしれないけど。あの距離感で自由にされたらもうむり!ってなっちゃう。

結論

回転寿司に感じていたハードルはぐんと下がりました。財布にお許しを頂けた日は気軽に行ってみようと思えました。

ただ、カウンター席の人と人との近さはまだ慣れない部分があるので、慣れるものなのかわかりませんが、慣れたらいいなぁっていう所存。

こころの大きな人になろう。

広告を非表示にする