無趣味の戯言

三日坊主なので頑張らないように頑張ります

3年と少し、塾でアルバイトしていました。

そのバイト先で久し振りにお手伝いする機会があったので懐かしくなっちゃって。

こんばんは。だいちゃんです。

大学時代、ずっと続けていたバイトの一つがこの学習塾での塾講師というアルバイトです。

誘われるまでは絶対選ぶことがなかったであろうこのアルバイトを通して得たものとかを振り返っておこうと思います。

コミュ障なのに塾講師

お察しの通り、友達も少なく、人と関わるのが苦手な僕なので、塾講師をするなんて想像すらしたことありませんでした。

そんな僕が塾講師のアルバイトをはじめたきっかけは、中学時代にお世話になっていた塾の塾長先生に事務作業のお手伝いを頼まれたことからでした。教室内外に張り出すポスターの制作を頼まれたことから、(今度は事務スタッフとして)再び塾に通うようになり、そのまま流れで中学生の授業も持ってくれないか?と持ち掛けられるようになっていました...笑

が、僕は人間が苦手なので、最初お話を頂いた時はお断りしていました。

でも、人手不足の状況も知っていたので、少しなら...と最初は個別指導から担当して、徐々に一斉授業も受け持つようになっていました。

塾講師を通して得たもの

まず、受験勉強の時に薄っすら感じた段階で終わってしまった「勉強の楽しさ」を再認識することができました。

特に数学。大学受験で挫折するきっかけになったのも数学でしたが、やっぱりバシッっと答えが1つに決まるあの心地よさはなんとも言えない快感です。それ以外にも、中学で学ぶ知識は幅広い分野で活きると思うし、「定期テスト」とか「受験」みたいな目の前の壁を突破する為だけの勉強しかしたことがなかったので、そういうストレスがない状態で教科書を読み直すと発見が多いなと感じました。

そして、経営とか、自営業の方の雰囲気を味わう良い機会になりました。

お世話になったのが個人塾で、塾長先生との距離も近かったこともあり、自営業の方の仕事に対する思いや時間の使い方、経営面の考え方など、今まで見ることのなかった部分を知ることができました。特に、会計のお手伝いもさせて頂いたことで、やっぱり数字を扱うの嫌いじゃないなってことに気づかされました。

それと、中学生かわいい。

もちろんクソ生意気だし、気配りに欠けてて心にドストレートに刺さる言葉を投げて来たりしますが、それでも結果かわいいなって感じちゃう。

いまのぼくの仕事観・価値観

大学4年間、塾講師をベースに5つくらいのアルバイトを経験し、それぞれから得たものがありましたが、特にここでアルバイトをした経験は今後大きな意味を持つ気がします。

中学生はかわいいし、人間ってそんなに怖がらなくてもいいのかも、って思えるようにはなりましたが、やっぱりまだ仲良くなるまでには時間が掛かってしまうので、なるべくは不特定多数の人と関わる仕事よりも、数字とかの処理を専門にするほうが性格に合ってるな、と感じました。

これからの人生にどう活きるのかは未知数ですが、貴重な経験をさせて頂いた3年強でした。


P.S. 先日、数ヶ月ぶりに塾に戻ってみると教え子たちが似顔絵描いてくれました(今日のアイキャッチ画像はそれ)。